台風で飛んでしまったシャッターカバー火災保険で修理出来ました~三重県鈴鹿市

 

『保険屋さんの保険請求実例』
担当のぐっさんです。

台風で飛んでしまった
シャッターカバーの修理代を
火災保険へ請求しました。

満額ではありませんでしたが、
シャッタカバーの修理は保険金で
まかなうことが出来ました。

今回は

『台風でシャッターカバーが飛んだ~』
三重県鈴鹿市の方からのご相談

現場に到着し確認。

確かに、飛んでます!
先日の台風で飛んだらしく気がついたら
無かったそうです。

請求できますかね~」

と心配してました

答えは「たぶん大丈夫ですよ」
もちろん査定は保険会社がしますが
その時の原因であることが分かれば
請求はできますよ

今回はこのシャッターだけが請求対象でした。

その他には、破損・欠損は見当たりません

『火災保険を使える可能性は大』

台風が原因ですので使える可能性
が大かな~と思います

なぜ判るかって・・・ここ重要!

そう、弊社は保険代理店です。
火災保険を日ごろから取り扱ってます

まずは保険会社へ・・・

保険金請求の手続きをスタートして
もらいます。

同時に弊社も見積のお手伝い。
ここが重要!

弊社では、工務店さんと入念な打合せを
行っています。

最近はお客様からのご紹介や、お客様の
隣のお宅からのご照会も増えてます。

弊社のお客様以外の方のご相談も
承ります

さしあたり
台風での被害とのことで・・・

破損部分は
『火災保険の請求対象の可能性は
あります』

との説明をしました。

今回の請求のポイントは

①台風で自宅の物置のポリカが破損

が確認出来ました。

ご相談者さまは・・・
「火災保険のかけててよかった!」
と言ってもらいました。

火事や地震でしか請求できないと思ってる
方は実際多いです

ここで大切なことは・・・

気が付いたら、即対応・相談です。
時間がたつと、『劣化』って言われ
かねません。

『劣化』となったら保険金の支払い
対象外になります。

そして・・・

自己判断しない事です!

今回のケースに強い工務店さんと
打合せをし、現場確認の結果は
やはりこの部分だけの破損でした。

屋根の修理はもちろん補償対象

小さな破損でも請求可能なケース
もあります。

せっかく加入している火災保険

しっかり活用していきたいですね。

古い建物だから~
火災保険は請求しても出ない!

そんなことないです!

劣化だから~
火災保険は請求しても出ない!

そんなことないです!

実際は、建物の新旧はほとんど
関係ありません。

劣化だから出ない!
と思っていても、大風・台風

大雪との結果もあるかもしれない

まずはご相談!

ちなみに今回
自己負担ゼロでの修理が出来ました。

弊社の火災保険の請求の段取りは

まずは、私自身も現地を確認します。
その破損の状況での保険請求の見積に
強い工務店と連携し見積作成します。

そのうえで保険会社へ請求しますので
しっかりとした保険金の支払いがあり
結果修理がしっかりとできます。

ご自宅を確認して?と思ったら・・・

弊社のお客様以外の方のご相談も
承ります

*尚、請求・支払いに関しましては
各保険会社の規定によります

【対応地域】
三重県 鈴鹿市・津市・四日市市・亀山市
桑名市・松阪市・いなべ市・名張市 他

愛知県 名古屋市・あま市・清須市・稲沢市
一宮市・春日井市・小牧市・蟹江市・津島市
弥富市・海部郡・岡崎市・安城市・日進市

岐阜県 岐阜市・大垣市・羽島市 海津市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です